2012年03月23日

感謝。

新しいイメージ.JPG毎度ing!お久しぶりing!


我が人生の師匠 松本瑠樹さんが亡くなりました。
本当にたくさんの事を学びました。
私 酒井宏之は、松本さんからのエッセンスが入った人間です。

「考えるより感じて動け」
「いつも矢印を自分に向けろ」

たくさんの心震える話をして頂きました。

自分がラグビー引退時に会社も辞めるというのを誰もが反対しましたが、松本さんだけは「GO!」でした。
感謝しております。
考えてみれば、あれからの長い闘病生活だったのですね。

死去されたのが、日本中が忘れる事ができない3/11。
この日だったのも偶然とは思えません。
改めて命の尊さを考えさせられる日となりました。

個人的にもメッセージを頂いたと思っております。
訃報を受けすぐにお宅へ行ったら、伏見工業総監督 山口良治先生、神戸製鋼 平尾さんがいらっしゃいました。
ラグビー関係者ならば、かなりシビれる2ショットです。。。。
もちろんご挨拶させて頂きすぐに立ち去ろうとしたら、山口先生から声をかけて頂きました。
たった10分ほどでしたが、自分には2時間ぐらいに感じました、、、、
金言も頂き、なんだかこの瞬間だけで人間力がUPした気がします。

きっとこのシチュエーションも、天国から松本さんがセッティングしてくれたんだと思っております。
そして「お前はラグビーやれよ!」というメッセージなんだと、、、、

人間として、男として、素敵な事、カッコイイ事、いっぱい教わりました。
もう言葉では到底表すことができない程の感謝です。

松本さんから授かったくさんの宝物を持って、これからの人生もチャレンジしまくりすティで行きやすっ!
心から、ありがとうございました!

合掌

酒井宏之12


また現場でィ!!!
spacer
posted by 酒井 at 22:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
1989、1990年だったか。瑠樹さんと京都で出合ったその夜、滋賀県の草津の田舎の一軒家の我が家で翌朝まで尽きないお話を皆で聞きました。夢のように夢を語り、うつつをうつつに語りカッサンドルの本にサインして風のように東京に帰って行かれまた。後日お合いした時『ねエ、僕はあの日何処にいたの?秘書に聞かれて、何処に居たのかわからなかったんだ』と微笑んでいらした。『CASSANDRE×RUKI 出逢いの風がくれたもの』大阪梅田カラビンカにての時間を持てました。以来、ずっと『いつか、いつか』と思いつつ瑠樹さんが、遠くて遠くて。今日、近況だけでもとネットで検索してみたら、まさか3.11。我が眼を疑いましたが事実のようです。もう一度、もう一度合いたかった。あれからも色々あったけど、まだ、ひつこく細々とやってるよって伝えたかったな。さあ、でもお別れ言わないとね。お疲れ様でした。そのうち、あっちでお合いできるよね。『ヘンテコリンな時間だったね』とか言ってね。
Posted by 渡辺 博子 at 2014年06月15日 16:16
渡辺さん

はじめまして!コメントありがとうございます。
瑠樹さんの言葉にはチカラがありますよね!
人の事でも自分の事のように考えてくれて、いつも溢れんばかりの情熱でたくさんの勇気を頂きました!

きっとこういうやりとりも天国で見ているはずですよ!
いつか『ヘンテコリンな時間』聞かせて下さい。笑
ありがとうございました。
Posted by 酒井宏之12 at 2014年06月16日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54603469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。